エンドレスマーチ

今まで読んだ本、漫画や見た映画などの感想
<< ぼくらの七日間戦争 | TOP | 探偵伯爵と僕 His name is Earl >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -| - |
これは王国のかぎ
 
あらすじ

最低最悪の誕生日。泣き疲れて眠って目覚めたら、そこはチグリスの河口だった!不思議な力を持つ魔神族として、見知らぬターバンの青年と旅することになった「あたし」。荒れ狂う大海原、灼熱の砂漠。辿り着いた都では王家の騒動に巻き込まれる。


荻原さんの本です。あらすじに惹かれ読んでみました。アラビアンナイトのお話みたいな感じです。ファンタジーにはなるんですけれど、あまり私の好みファンタジーではなかったです。軽い感じのファンタジーや恋物語が好きならば読んで損はないのかなと思います。
周りの風景や様子、登場人物の心情に関しては上手に描かれているのかなと思います。色々複線も張り巡らされていて面白い部分もあるのですが、時々理解し難い心の動きや無理やりな感じが見えて入り込むことができなかったです。多分ライトノベル感覚で読むといいのでしょうか?がっつりとした話を読みたい方にはお勧めできない話でした。ですが軽くファンタジーを読みたいって方にはお勧めします。


荻原規子の他作品

12:43 | BOOK ★2 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
12:43 | - | - | -| - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://clownmarch.jugem.jp/trackback/114
トラックバック